• ホーム
  • 投資信託は少額から始められることが特徴

投資信託は少額から始められることが特徴

投資をするときに、株式の購入を検討する人は多いです。
普段よく利用している製品の会社であったり、コマーシャルなどでよく知っている会社の株を直接購入できます。
人気のある株式は評価も高いので、これからもどんどん価値が上がるかもしれません。
株式を購入するとき注意が必要なのは、一定の最低金額が定められている点でしょう。単元と呼ばれる単位があり、最低その株数から出ないと買えません。
1株1万円で単元が100株だと最低100万円必要になります。
初心者が容易に出せる金額ではありません。投資信託は複数の株式や債券、不動産などで運用する商品です。
株式同様に価格が決められていますが、単元はありません。1単位ずつの購入もできますが、金額を指定しての購入もできます。
少額から始められるので、株式よりも利用しやすいと言えます。株式だと一回当たりの拠出額が大きくなってしまい、初心者が何度も購入するのは難しくなります。
購入コストを下げる方法としてドルコスト平均法と呼ばれる方法があります。
一時期に一度に購入するのではなく、購入時期をずらしながら少額ずつ購入します。高い価格の時でも低い価格の時でも購入ができるので、結果として購入単価を下げられるメリットがあります。
投資信託は少額から購入ができるので、毎月少しずつ購入をしたり、数箇月に一度ずつ少しずつ購入などができます。
高い価格で購入するリスクを減らせます。多くの金融機関では積立て等の仕組みを持っているので、自動的に購入ができます。買い忘れを減らせるので、確実に資産形成ができます。各金融機関では最低購入金額を定めています。
多いのは1万円にしている会社でしょう。その他千円であったりワンコインの500円から購入できるところも出てきました。
さらに安く買える所として100円からでも買えるようになっています。
投資信託自体分散投資をしてリスクを軽減できますが、複数商品に分散投資をする方がリスクを減らせます。
より少ない額から投資できたほうがメリットが大きいと言えるでしょう。

投資信託は分散投資でリスク回避しましょう

日本人の資産運用の方法で人気があるのが銀行の商品です。
定期預金と呼ばれる商品があり、金利が低くなった今でも非常に人気があります。
その理由の一つとして元本保障があります。
拠出した金額は最低限守られ、少ないながらも利息が受け取れる仕組みになっています。株式だと大きく増やせる可能性があるものの大きく減らす可能性もあります。
なかなか初心者には行いにくい投資と言えます。そこで注目されているのが投資信託です。
残念ながら銀行預金のように元本保障されている商品はありません。
ただし、元本を維持しやすい商品があるので、上手く利用すれば株式のように資産を減らすリスクを小さくできます。投資信託を利用するときに注意をしたいのは、非常に多くの種類の商品から選ばないといけない所でしょう。
数千種類あるとされていて、よく似ているものもあれば全く異なるものもあります。
銀行預金のように元本割れがほとんどないものの分配金も非常に少ないものから、株式のように大きく変動して利益や損が出やすいものもあります。
初心者が心がけたいのは、それぞれの商品の特質を知る努力でしょう。
投資信託自体分散投資されているものの、株式に投資をしているものは株式市場に左右されやすくなります。リスクを軽減するのであれば、債券に投資しているものや不動産に投資をしているものも利用する必要があります。
リスク軽減には分散投資が良いとされますが、大きく分けると3つの分散があります。
一つは購入時期の分散です。毎月少しずつ購入すると行えます。
保有期間の分散によって、資産配分を効率化できます。そして商品の分散になります。
自分のライフスタイルに合わせたポートフォリオを考え、それに合わせた商品選びをするとよいでしょう。

関連記事