• ホーム
  • 株初心者は手を出してはいけない仕手株のリスクとは

株初心者は手を出してはいけない仕手株のリスクとは

仮想通貨はお金の常識を変えるかもしれないということで大変話題になっています。
大変便利で革命的な仕組みですが、一方でセキュリティの問題なども深刻で、利用に懸念が拭えないという人がいるのも現状です。
しかし、どんな技術も失敗を繰り返して進化していくものです。
もちろんその失敗の犠牲になるのは避けたいものですが、これだけ世界に広まった仕組みが消えてなくなることは想像しづらく、できれば正しい知識を身につけて賢く運用したいところでしょう。
うまくいけば、莫大に稼ぐことも可能です。
事実、価値があがる以前に仮想通貨を手に入れていた人は、短期間で数万円が数億円になっているのも事実です。仮想通貨で稼ぐためにはまず、基礎的な知識を抑えておく必要があります。
まず、仮想通貨というのはブロックチェーンという技術を導入した非中央集権型のサービスです。
通常、法定通貨はそれを管理発行する機関が存在します。日本であれば日本銀行です。
一方、仮想通貨は基本的にそのような機関がありません。
ブロックチェーンとはネットワーク上に構築される台帳のようなもので、これを利用すればすべてのやり取りが自動的に記録されます。
よって、それぞれのコンピュータによる管理が可能というわけです。この仮想通貨の基軸となっているのが現在、ビットコインです。
ただ、ビットコインは最初に広まった分、所有者もたくさんいますが欠点というのもあります。
送金の速度が遅かったり、マイニングにかなりの電力が必要だったりするわけです。
そこで新しいコインが次々に開発されました。
代表的なのがイーサリアムで、時価総額第2位となっています。イーサリアムは承認時間が短いので決済手段に向いています。きちんと管理者のいるリップルも人気です。
リップルは送金する上でのプラットフォームとなる可能性があり、実用性が高いと言われています。
まだまだマイナーな部類ですが徐々に人気を上げているのがリスクです。
リスクはイーサリアムに似た分散型のプラットフォームを導入していますが、エンジニアが多く活用しているJavascriptの言語によってプログラムされているので、ユーザー利用者が増える見込みがあります。これらビットコイン以外のものをアルトコインといいますが、このようにたくさんの特徴とメリットがあるので、初心者でも分散投資がやりやすくなっています。
取引所に口座を開設すれば少額から購入できます。
ただし、アルトコインは詐欺と呼ばれるものも多いので初心者は注意が必要です。
日本の大手取引所で扱われているものを選び、まずは少額を購入してみることから始めるのがおすすめです。

仮想通貨は初心者でも始めやすい?

仮想通貨の取引というのはまだまだメジャーではありません。
しかし、投資というのは基本的に早い段階ではじめた者が利益を得やすい仕組みとなっています。
株などの専門的な知識を必要とするトレードに比べ、単純に持っているお金を両替するだけで運用ができるので初心者にも始めやすいといえます。
銀行口座を開設したことがある人ならば、簡単に仮想通貨を手に入れることができます。
ただし、非中央集権型であるということは忘れないようにしなければなりません。ビットコインの歴史の中では、取引所が潰れてしまったりハッキングによって盗まれたという事件が発生しています。
責任を管理する機関がないので、盗まれたものが戻ってくるという可能性は低くなってしまいます。
万が一の場合は資産が一瞬でなくなってしまうデメリットも頭に入れておかなければなりません。
ただ、ビットコインを始めとする事件、そしてその他のアルトコインにおける国内取引所の大規模な紛失などの教訓から、国も法整備を進めています。セキュリティが確立されていけば、仮想通貨は多くのメリットが期待できる技術です。
少額投資から様子を見ていくのが初心者にとって始めやすいやり方といえるでしょう。
仮想通貨の歴史はまだまだ浅く、これからどんどん価値が上がっていく可能性があります。少額でも十分なメリットがあると考えられます。
これまで取引所が潰れた場合はなんの保証もなかったのが仮想通貨で、その点がデメリットといわれていました。
しかし、金融庁などによるコントロールがある程度行き届くようになれば、安心して運用することができるようになるでしょう。
時代の変革の一端を担う仮想通貨の存在に、今のうちから関わっておくと将来的に大きな利益を手にすることができるかもしれません。

関連記事